他の医療機関に転院してもいいの?

交通事故の直後、やるべき事は??

no1まず警察に連絡しましょう!

警察に連絡

交通事故に遭われた際、まず{警察に通報」して下さい。
小さな事故だし、目立った外傷もないし、特に痛みも無いからという理由だけで、警察に通報しないまま示談を済ませたあとに、痛みが強くなっても交通事故当日に警察への通報が無かった場合、後々、交通事故として扱ってもらえないので、保険なども使用できないことになります。
必ず、交通事故証明書を発行してもらうようにしましょう。

no2相手の連絡先情報を確認

警察に連絡

相手の情報をきっちりと確認しておきましょう。
名刺があるならば必ずもらうようにします。相手の会社を知ることは、万が一のときに役立ちます。
車のナンバー、車検証で車の所有者と運転者が同一人物か確認します。 違う場合は車の所有者も控えます。 また、 加入している保険なども確認しておくと良いでしょう。

no3現場の保全

警察に連絡

交通事故が起きた時は、どちらの過失割合が高いかで揉める事が多々あります。必ず交通事故後の現場状況を記録しておきましょう。道路の状況・ブレーキ痕・車の破損箇所・怪我の状態などは出来ればカメラなどで画像に収め、目撃者がいた場合は、警察の説明までいてもらうようにしましょう。その後は。ご自信の身の安全の確保を行ってください。

尼崎交通事故では他院からの転院・併院が可能です。病院での診察を受ける

警察に連絡

交通事故の治療には医師の診断が必要です。
病院に運ばれた歳には、よほどの怪我で無い限りレントゲンを撮って終るという事も多々あるかもしれません。必要に応じて、CTやMRIの撮影も希望しましょう。
診察代は保険金が入るまでは実費負担になります。 加害者側と被害者側でどちらが負担するのか話し合いをしましょう。

尼崎交通事故では他院からの転院・併院が可能です。保険会社への連絡

警察に連絡

自賠責保険は、一般的に加害者側が保険会社へ連絡を行います。
ご自信で任意に入っている傷害保険などがあれば、そちらに連絡しましょう。 自賠責保険について、加害者が連絡を行わない場合は被害者側が、直接保険会社に交渉も出来ます。
加害者側の連絡がない場合は、直接、相手の保険会社へ電話を入れるようにしましょう。

よくある質問

Q 施術費用は誰が払うのですか?

A.基本的には、加害者側の加入している保険会社の支給になります。
相手の身元・保険会社はしっかりとメモしておきましょう。

Q 保険会社が整骨院ではなく、「病院で」と指定してきたのですが?

A.施術機関である、病院や整骨院は本人で決めることが出来ます。
ですので、保険会社の指定する機関に行く必要は全くありません。必要に応じて整形外科や整骨院・接骨院との併院もお勧めします。

Q 今病院にかかっていますが、併院は可能ですか?

A.自賠責保険では、病院に通院しながら他の機関(整骨院など)でも治療を受ける事が可能です。当院で治療を受けながら、病院で月1回程度、回復具合を検査してもらって改善させておられる患者様も大勢いらっしゃいます。ただし、同じ日の掛け持ちで治療を受けることは出来ませんので、それ以外であれば全く問題はありません。

Q レントゲンは撮ってもらえますか?

A.整骨院ではレントゲンは撮ることができません。レントゲンによる審査が必要な場合ですとか、患者さまご自身が希望される場合は、先に病院などの専門機関にいかれることをオススメします。
また紹介も出来ますので、一度ご相談いただければと思います。

お問い合わせ

高根沢町かんばやし整骨院お問い合わせ 高根沢町かんばやし整骨院お問い合わせ電話番号028-612-7497
TOPへ戻る